研究・調査

NEW

2022/11/22

米国eHealthジャーナル第77号

片頭痛領域のデジタルヘルス動向

Theranica「Nerivio」から、沢井製薬、ヘッジホッグ、糸魚川総合病院まで

本稿を執筆している11月下旬、冷たい雨、師走並みの寒さである。週間天気予報によれば、この先、来週にかけて低気圧が通過し、気圧も下がると予想されている。  こめかみがズキズキする。頭痛と言えば、くも膜下出血や...

LSMIP 編集部

NEW

2022/11/22

米国eHealthジャーナル第77号

CDC、成人のテレヘルス利用に関する調査報告書を発表

収入、教育、地域、民族ごとに利用率の傾向を調査

米国疾病予防管理センター(CDC)が10月12日に発表した米国の成人のテレヘルス利用に関する調査報告書、「Telemedicine Use Among Adults: United States, 2021」によると、成人の37%が過去12カ月以内にテレヘルスを利用していた。この報告書は、2021年のNational...

MSA パートナーズ

NEW

2022/11/22

米国eHealthジャーナル第77号

Rock Health、デジタルヘルス投資トレンド報告書を発表

2022年第3四半期のデジタルヘルス投資は減速

デジタルヘルスに特化するベンチャー・ファンドのRock Healthは10月3 日、デジタルヘルス領域における2022年第3四半期のベンチャー・キャピタル(VC)投資トレンドを分析した報告書を発表した。同報告書によると、2022年第3四...

MSA パートナーズ

NEW

2022/11/22

米国eHealthジャーナル第77号

ガイドラインを遵守したAI/ML基盤治療介入の臨床試験は僅か

ハーバード大学医学部の研究班による系統的文献レビュー

人工知能(AI)や機械学習(ML)基盤のアルゴリズムを採用する治療介入を検証した臨床試験の系統的文献レビュー「Randomized Clinical Trials of Machine Learning Interventions in Health Care, A Systematic Review」が9月29日付でJAMA Network Openに掲載された。ハーバード大学医学部の研究者が率...

MSA パートナーズ

NEW

2022/11/22

米国eHealthジャーナル第77号

パンデミックの鎮静化後もテレヘルスの人気は継続

利便性、迅速なケア、健康情報へのアクセスがポイント

ミシガン州拠点の市場調査会社J.D. Powerは9月29日、テレヘルスの満足度に関する調査研究「J.D. Power U.S. Telehealth Satisfaction Study」の結果を発表した。この調査が行われるのは本年で4回目となる。それによると、日常的に利用するさまざまな診療サ...

MSA パートナーズ

NEW

2022/11/08

米国eHealthジャーナル第76号

メンタルヘルスアプリに対する専門家と一般消費者の評価の一致度は低い

専門家はメンタルヘルスアプリを過大評価しがち

オープンアクセスのオンライン・ピアレビュー医学誌、JMIR(Journal of Medical Internet Research)に9月23日付で掲載された研究「Comparing Professional and Consumer Ratings of Mental Health Apps: Mixed Methods Study」によると、メンタルヘルスアプリに対する専門家の評価と一般消費者の評価の一致度は...

MSA パートナーズ

NEW

2022/10/25

米国eHealthジャーナル第75号

COVID-19データを活用するCKD検出で3社提携

高リスク患者の早期特定による早期治療介入を目指す

ソフトウェアソリューション会社のHHS Technology Group(以下、HTG)とヘルスデータ会社のDatavant、そしてデータストラテジストのMathematicaは9月13日、慢性腎臓病(CKD)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)回復後の後遺症であるロングCOVIDを発...

 

MSA パートナーズ

NEW

2022/10/25

米国eHealthジャーナル第75号

AMA、医師のデジタルヘルスツール使用状況を調査

デジタルヘルスツールに対する楽観の加速で採用が拡大

米国医師会(AMA)は9月13日、医師のデジタルヘルスツールの使用状況を調査した報告書「AMA digital health care 2022 study findings」をリリースした。デジタルヘルスツールが患者ケアに有益だと感じている医師が増加していることが明らかになっ...

 

MSA パートナーズ

NEW

2022/10/11

米国eHealthジャーナル第74号

NCI、癌ケアにおけるテレヘルス研究で4機関にアワード提供

社会学的因子の影響や遠隔モニタリング・システムを評価

国立衛生研究所(NIH)は8月18日、癌ケアにおいてテレヘルスの果たし得る役割を研究する4学術機関に対し、国立癌研究所(NCI)が合計2,300万ドルのアワードを提供すると発表した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が大流...

 

MSA パートナーズ

NEW

2022/10/11

米国eHealthジャーナル第74号

AIドクターによるトリアージおよび診断の精度は概して低い

患者向けツールへの期待と現実のギャップ

NPJ Digital Medicineに8月17日付で発表された、人工知能(AI)基盤のオンライン症状チェッカーの系統的レビュー、「The diagnostic and triage accuracy of digital and online symptom checker tools: a systematic review」によると、これらのAIドクターの精度は概して低い。

米国のAIドクター市場は...

 

MSA パートナーズ

NEW

2022/10/11

米国eHealthジャーナル第74号

テレヘルスが医師の残業を増やす可能性

ニューヨーク大学ランゴーン・ヘルス(NYULH)の研究

一部報道は8月19日、テレヘルスが医師の残業を増やす可能性を示唆する研究、「The Impact of Telemedicine on Physicians’ After-hours Electronic Health Record “Work Outside Work” During the COVID-19 Pandemic: Retrospective Cohort Study」がJMIR Medical Informaticsに掲載されたと報じた。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行期間中に、テレヘル...

MSA パートナーズ

2022/08/23

米国eHealthジャーナル第71号

Rock Health、デジタルヘルス投資トレンド報告書を発表

2022年第2四半期のデジタルヘルス投資は減速

デジタルヘルスに特化するベンチャー・ファンドのRock Healthは7月10 日、2022年第2四半期および上半期のデジタルヘルス投資トレンドを分析した報告書を発表した。

同報告書によると、2022年上半期にはデジタルヘルス領域に総計...

MSA パートナーズ

2022/08/23

米国eHealthジャーナル第71号

ウェアラブル・デバイスの広範な採用における3つの課題

患者のみならずプロバイダーへのトレーニングが必要

ウェアラブル・デバイスの広範な採用における課題を浮き彫りにした研究論文、「Wearing the Future—Wearables to Empower Users to Take Greater Responsibility for Their Health and Care: Scoping Review」が7月13日付で JMIR mHealth and uHealth誌に掲載された。ウェアラブルは、患者による疾病の理解と症状の管理を...

MSA パートナーズ

2022/08/09

米国eHealthジャーナル第70号

デジタルヘルス・スタートアップ企業の臨床的堅牢性は依然として低い

自社製品を差別化する大きな機会が依然として存在

デジタルヘルス・スタートアップ企業の臨床的堅牢性(Clinical robustness)を分析した研究論文、「Assessing the Clinical Robustness of Digital Health Startups: Cross-sectional Observational Analysis」が6月20日付でJournal of Medical Internet Research(JMIR)に掲載された。

デジタルヘルスに特化するベンチャー・ファンドのRock Healthとジ...

MSA パートナーズ

2022/07/26

米国eHealthジャーナル第69号

世界ウェアラブル・デバイス出荷台数が、史上初めて減少

2022年第1四半期は前年同期比3%減に

IT市場に特化する市場調査会社のInternational Data Corporation(IDC)は6月7日、ウェアラブル・デバイス市場に関する調査報告書、「Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker」を発行した。それによると、2022年第1四半期におけるウェアラブル・デバイス世界市場の出荷台...

MSA パートナーズ

2022/07/12

米国eHealthジャーナル第68号

RWEによる無作為化対照試験の再現率は約50 %

FDAのパイロット・プロジェクト「RCT DUPLICATE」

5月16日付の一部報道によると、 リアルワールド・データ(RWD)とリアルワールド・エビデンス(RWE)を利用して無作為化対照試験(RCT)を再現することが可能かどうかを検証するFDAの「RCT DUPLICATE」を実施した研究班は、これま...

MSA パートナーズ

2022/06/28

米国eHealthジャーナル第67号

NEI研究班、網膜色素上皮の地図化に成功

AIで網膜変性の早期検出が可能に

国立衛生研究所(NIH)傘下の国立眼病研究所(NEI)の研究班は、網膜色素上皮(RPE)の全域と、異なる機能を持つサブポピュレーションの位置を地図のように示すことに成功した。変性眼疾患のためのより精密な遺伝子治療...

MSA パートナーズ

2022/06/14

米国eHealthジャーナル第66号

BenevolentAIとDNDiが提携

デング熱の撲滅を目指すAI基盤の共同研究プロジェクト

人工知能(AI)と機械学習技術を利用した医薬品開発に特化するBenevolentAIと、発展途上国で問題となっている疾患の治療薬開発を推進する国際的な独立非営利医薬品開発パートナーシップであるDND(Drugs for Neglected Diseases initiative)は4月20日、デン...

MSA パートナーズ

2022/05/24

米国eHealthジャーナル第65号

Akili InteractiveのAKL-T03の有効性を示す論文

大うつ病患者における注意力の改善を適応としたDTx候補

デジタル・セラピューティクス(DTx)企業のAkili Interactive(以下、Akili)は4月12日、大うつ病患者における注意力の改善を適応として同社が開発中のDTx候補、AKL-T03の有効性を検証した研究論文「Digital Intervention for Cognitive Deficits in Major Depression: A Randomized Controlled Trial to Assess Efficacy and Safety in...

MSA パートナーズ

2022/05/10

米国eHealthジャーナル第64号

All of Us、10万件の全ゲノムシーケンスを公開

プログラムへの参加同意者は48万名超に

国立衛生研究所(NIH)は3月17日、大規模観察研究プログラムの「All of Us Research Program(以下、All of Us)」を通じて、約10万の全ゲノム・シーケンシングを公開したと発表した。All of Usを通じて収集した参加者データは、「Research Hub」と...

MSA パートナーズ