2023/06/13

米国eHealthジャーナル第89号

米ブラウン大学、疼痛管理アプリ「SOMA」を開発

ジャーナル第89号, 疼痛管理, 疾病管理・患者モニタリング

慢性痛の研究、治療法の開発を視野に

米国東海岸の伝統ある名門大学グループ、アイビーリーグのブラウン大学は4月6日、高い有病率とその影響が社会問題化している慢性疼痛の痛みを軽減・緩和する治療法の開発を目指し、疼痛管理用アプリ「SOMA Pain Manager」 (以下、SOMA) を同大カーニー脳科学研究所が開発したことを発表した。

  • 通勤時に駅の階段から転げ落ちて、したたかに膝関節を打ち付けた。
  • ランチで天津飯を注文し、熱々の餡で舌を火傷した。
  • 歯科口腔外科で、親知らずを抜歯した。

誰しも経験がある感覚・経験が、痛み(疼痛)である。ここに例示したケースは、いずれも急性痛と言われるものであり、総じて外部からの刺激で生じる侵害受容性疼痛である。

一方、同じような痛みであっても、昨今注目度を増しているのが...


本記事掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2023 株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

連載記事

執筆者について

関連記事