2022/03/15

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第17回)

AIでいつどこでも必要な医療が受けられる世界を作るメドメイン(後編)

医療コミュニケーション支援, 画像技術, 診断・検査・予測, AI技術, 臨床医, 患者データ・疾病リスク分析

病理医の課題を病理AI解析ソリューション「PidPort」が解決する

 

「PidPort」
(出所:メドメイン株式会社)

前編では、メドメイン社が開発・提供している、病理AI解析ソリューション「PidPort」を紹介いたしました。同社は今年1月、乳腺非浸潤性乳管癌を病理組織デジタル標本より検出可能とした、病理AI開発に関する論文がSpringer Nature社のVirchows Archivに掲載される等、その技術が注目されているスタートアップです。そんなメドメイン社を創業した、代表の飯塚統氏にいくつか質問をさせていただきましたので、以下にお伝えいたします。

Q1. 御社が取り組む「課題」はどんなことでしょうか?

飯塚氏: 世界的な統計の中でも病気死因の上位カテゴリーを癌が占めており、多くの医療機関で、癌の診断を行うための病理診断の検査数は非常に多く、増加傾向にあるとされています。一方で、これらの診断を行う「病理医」は国内外において慢性的に不足しており、病理医が1人で診断を担っている医療機関も多く、労働負荷は非常に大きくなり、大きな地域格差も生まれています。また、多くの医療現場で病理診断を他院や検査センターに依頼している現状もあり、結果として、診断結果が出るまでの期間が長くなり、患者に負担がかかってしまう場合もあります。
そのような状況から、効率的で迅速な病理診断が実現できるワークフローの早急な整備が望まれており、こうした課題を解消するためのソリューションとして、病理標本のデジタル化を行うImaging Centerのサービス提供、デジタル病理画像をクラウド上で保管管理し、施設間での共有等で利活用するためのシステムとして「PidPort」の提供を行なっています。

メドメイン株式会社 代表取締役CEO 飯塚 統 氏
(出所:メドメイン株式会社)

 Q2. 九州での起業が、大学設備の利用以外に何か影響を及ぼしていますか?

(次ページへ)


本記事に掲載されている情報は、一般に公開されている情報をもとに各執筆者が作成したものです。これらの情報に基づいてなされた判断により生じたいかなる損害・不利益についても、当社は一切の責任を負いません。記事、写真、図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2022 LSMIP事務局 / CM Plus Corporation

連載記事

執筆者について

関連記事

関連記事はありません

デジタルヘルス
米国eHealthジャーナル

第73号 (2022年09月27日発行)

日本で医療用医薬品ネット販売を検討中と一部報道で囁かれているAmazonだが、米国ではプライマリケアプログラム「Amazon Care」向けの買収や提携を積極的に強化し、ポストコロナのハイブリッド型ケアの将来を模索している。また、公的保険制度のメディケアでは、保険償還の対象となった遠隔患者モニタリング(RPM)の利用拡大傾向が調査で明らかとなった。スタートアップ各社では、レイオフのニュースが相次いだ一方、第2四半期の決算発表を通じて、各社の次の展開が少しずつ見えてきた。

人気記事ランキング

1

情報技術でゲノム医療への社会実装を推進する、テンクー 【前編】

ドクター心拍

2

One CMP サイトリニューアル 1周年キャンペーン

LSMIP 編集部

3

個人の健康記録がひとつにまとまるアプリ、“MyChart” 【後編】

石川 さくら

4

Ginkgo BioworksがZymergenを買収

MSA パートナーズ

5

働くひとの健康を世界中に創る、iCARE 【後編】

ドクター心拍