日本

NEW

2022/11/17

ヘルスケアの現場から考えるデジタルヘルス(第9回)

糖尿病と生活習慣管理の課題に切り込む、シンクヘルス【後編】

台湾発のヘルステック企業、H2 Inc.の日本法人、H2株式会社が提供している「シンクヘルス」アプリは、日本では初めて、アボットジャパン社デバイスのCGMデータと連携が可能となりました。このサービスの詳細について、前編に引き続き、糖尿病専門医の天野先生が解説します。

小野 奈津

NEW

2022/11/10

メンタルヘルス・精神科医療におけるデジタル技術の活用(第2回)

睡眠におけるアプリやウェアラブルデバイスとの関連 【後編】

2022年度よりプログラム医療機器の診療報酬が日本で新設され、医療での治療用アプリの導入の本格化が予測されます。不眠治療への治療用アプリの導入に対する期待や課題など、精神科医の視点より天野先生が解説いたします。

天野 七緒

NEW

2022/11/04

ヘルスケアの現場から考えるデジタルヘルス(第8回)

糖尿病と生活習慣管理の課題に切り込む、シンクヘルス【前編】

“デジタルの力”で、健康へのサポートを目指すH2株式会社が提供している、糖尿病などの慢性疾患に対する自己管理のための健康生活サポートアプリ『シンクヘルス』と、そのデータを医療機関で閲覧可能なクラウドサービス『シンクヘルスプラットフォーム』について、糖尿病専門医の小野奈津先生が解説いたします。

小野 奈津

NEW

2022/10/28

メンタルヘルス・精神科医療におけるデジタル技術の活用(第1回)

睡眠におけるアプリやウェアラブルデバイスとの関連【前編】

精神科医であり、産業医の資格を持つ天野先生が、精神科医の知見より、「メンタルヘルス・精神科医療におけるデジタル技術の活用」について、解説いただく新シリーズです。初回となる今回は、「睡眠におけるアプリやウェアラブルデバイスとの関連【前編】」です。

天野 七緒

2022/09/29

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第25回)

情報技術でゲノム医療への社会実装を推進する、テンクー 【後編】

ゲノム及び生体情報解析のトータルソリューション「Chrovis」の開発と運用を行っている株式会社テンクーの技術について2回に渡って取り上げます。後編では、テンクー代表取締役、西村邦裕氏へのインタビュー内容をご紹介いたします。

ドクター心拍

2022/09/15

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第24回)

情報技術でゲノム医療への社会実装を推進する、テンクー 【前編】

近年のがんゲノム医療の発展は凄まじいものがあります。がんの診断・治療・予防や最先端の研究開発等のためのゲノム情報解析を行なっているChrovisについて、解説いたします。

ドクター心拍

2022/09/01

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第23回)

働くひとの健康を世界中に創る、iCARE 【後編】

iCARE社が提供する「Carely」は、働くひとの健康データに基づいた予防措置により、健全な組織づくりを支援する健康管理システムである。今回は「Carely」のサービス内容について詳細を解説する。

ドクター心拍

2022/08/18

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術(第22回)

働くひとの健康を世界中に創る、iCARE 【前編】

経済産業省が推進している「健康経営」とは何か?「健康経営」についての解説とともに、「健康経営」を推進するiCARE社の健康管理システム「Carely」のサービス内容を紹介する。

ドクター心拍

2022/08/04

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第21回)

データで“調子”をよくする時代へ、テックドクター【後編】

テックドクターは今年6月に、シリーズAラウンドで5億円調達したことを発表しています。急成長を遂げている医療系データ分析スタートアップ、テックドクターの代表取締役社長、湊和修氏へのインタビューを中心に同社の技術について解説いたします。

ドクター心拍

2022/07/21

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第20回)

データで“調子”をよくする時代へ、テックドクター【前編】

従来のバイオマーカーでは取得が困難であったデータを取得し、解析が可能であるデジタルバイオマーカーは、診断にかかる期間の短縮および、早期治療に貢献できます。このデジタルバイオマーカー開発を手掛ける株式会社テックドクターが展開する、精神科向けウェアラブル外来ソリューション「SelfDoc.」と、医療データ分析基盤「SelfBase」について解説いたします。

ドクター心拍

2022/04/14

デジタルテクノロジーによって進化する歯科治療(第3回)

【後編】デジタルは手仕事を助けられるか ―歯科用3Dプリンターが変える近未来

義歯製作にはこれまで、「匠の技」が必要とされてきましたが、デジタルテクノロジーがそのアシストを行うようになってきました。今後、3Dプリンターの普及で歯科分野にはどのような変化をもたらすのか?3Dプリンター事業を展開している、クルツァージャパン株式会社の城氏へ、これらの質問を投げかけていきます。

賀茂 恵

2022/04/05

デジタルテクノロジーによって進化する歯科治療(第2回)

【前編】デジタルは手仕事を助けられるか ―歯科用3Dプリンターが変える近未来

3Dプリンターは現在、幅広い分野で普及していますが、歯科の分野でもその技術が取り入れられています。歯科医ライターの賀茂恵先生が執筆する、「デジタルテクノロジーによって進化する歯科治療」連載第2回目は、歯科用3Dプリンターについて取り上げます。

賀茂 恵

2022/03/03

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第16回)

AIでいつどこでも必要な医療が受けられる世界を作るメドメイン(前編)

昨今では病理医不足が叫ばれており、病理診断に際して現場の医師には大きな負担がかかっています。この状況を解決すべく、メドメイン社が開発・提供している「PidPort」は、ディープラーニングによって開発された病理AIソリューションです。今回は、この「PidPort」を焦点に当て、解説いたします。

ドクター心拍

2022/03/01

デジタルテクノロジーによって進化する歯科治療(第1回)

テクノロジーは歯科治療を変えるか?-その背景と現実

医療現場におけるデジタル化が加速している中、歯科治療もデジタル技術によって変化が進んでいます。今回から始まるこの新シリーズでは、医学博士で歯科医師である、賀茂 恵先生が、変わりゆく歯科技術について、臨床医の視点より解説いたします。

賀茂 恵

2022/02/16

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第15回)

医者ならではの視点で最適なタイミングでヘルスケアを届ける、フリクシー(後編)

今回はフリクシー社の創業者であり代表取締役医師である、吉永 和貴先生に対して、ドクター心拍氏がインタビューした内容の紹介と、同社が昨年末にリリースした新しいサービス「イシヤク」について説明いたします。

ドクター心拍

2022/02/09

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第14回)

医者ならではの視点で最適なタイミングでヘルスケアを届ける、フリクシー(前編)

病院で診察を受ける際、待ち時間が非常に長かった、ということは誰もが経験していると思います。この長い待ち時間の問題や、医療における非効率化解消のために、医師が課題解決に取り組んだことで生まれた「メルプWEB問診」というサービスがフリクシー社より提供されています。今回は、このフリクシー社が提供するいくつかのサービスについて、臨床医ライター、ドクター心拍氏が説明いたします。

ドクター心拍

2022/01/28

ヘルスケアの現場から考えるデジタルヘルス(第3回)

スマホで医用画像を共有できる医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」

臨床医の先生方が経験してきた、「専門医が院内にいないけれど、すぐに指示がほしい。」という状況に対応するため、医療関係者間コミュニケーションアプリ 「Join」を日本のスタートアップであるアルム社が開発しました。この「Join」について、消火器内科医として10年の勤務経験を持つ、山田みな先生が解説いたします。

山田 みな

2021/12/15

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術(第13回)

手術室のデジタル化による最善の手術をどこでも享受できる世界を創る、OPExPARK(後編)

後編となる今回は、臨床医ライターのドクター心拍氏が、株式会社OPExPARKの代表取締役社長兼 CEOの本田泰教先生に、直接インタビューを行った内容を中心として、OPExPARKの手術教育サービスや、今後の課題などを紹介いたします。

ドクター心拍

2021/12/03

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術 (第12回)

手術室のデジタル化による最善の手術をどこでも享受できる世界を創る、OPExPARK (前編)

臨床医ライター、ドクター心拍氏による連載の第12回目は、手術室のデジタル化と教育サービスを事業としたOPExPARK社の技術についてご紹介します。

ドクター心拍

2021/11/19

臨床医が紹介する日本のスタートアップ技術(第11回)

境界のない医療を目指す、Antaa(後編)

後編となる今回は、臨床医ライターのドクター心拍氏がAntaa株式会社代表取締役 中山 俊先生へインタビューを行った内容を中心に、Antaa社の進化するサービスと今後の発展について掘り下げていきます。

ドクター心拍