2022/11/08

米国eHealthジャーナル第76号

Neuromod社、ニューロモデュレーションを耳鳴り治療に

医療機器, 耳鼻咽喉科, ジャーナル第76号, Neuromod, 音声技術

アイルランド発、欧州から米国へ展開する医療機器「Lenire」

出典:Neuromod

この男性は一体、何をしているのだろうか?決して独りでいる寂しさからおしゃぶりを咥えているのではない。静寂の中、キーン、ピーという高音域、ないしジー、ザーという低音域の耳鳴りの苦痛に耐え、一縷の望みをかけて、新しい治療法を試しているのである。

本記事は、デジタルヘルス各社の公式発表や、疾病や技術の市場調査/レポートを、ヘッドライン形式で紹介する新企画「プレスルーム」の「2022/09/29 のニュース」から、解説してお届けしております。
https://www.lsmip.com/article.html?id=6570


耳鳴りは、外部からの音刺激なしに音を知覚してしまう異常な神経学的状態である。健常者でも一過性のものなら誰しもが経験しているであろう、ありふれた聴覚関連障害とも言える。認知行動療法や補聴器の装着、教育的カウンセリング、音響療法であるTRT(Tinnitus Retraining Therapy)など、有効な治療法はあるものの、根治が難しい場合が多いことが、患者や医師の悩みとなってきた。

たかが耳鳴りと思うなかれ。身近なものだけに、慢性化してしまうと、その不快な症状は集中力の低下や入眠の妨げなどとなり、日常生活のQOLを下げてしまうばかりか、鬱や不安症など精神障害を伴うこともあり、実に厄介な存在となりかねないアンメットニーズの疾患である。

――――――――――――

アイルランドの首都ダブリンを本拠とし、ニューロモデュレーション技術を開発する2010年創業の医療機器メーカー Neuromod社(Neuromod Devices Limited) が相次いで発表するニュースは、耳鳴り症状の緩和装置「Lenire」が...


本記事掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2022 株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

連載記事

執筆者について

関連記事