2022/10/11

米国eHealthジャーナル第74号

テレヘルスが医師の残業を増やす可能性

ジャーナル第74号, テレヘルス, 研究・調査

ニューヨーク大学ランゴーン・ヘルス(NYULH)の研究

一部報道は8月19日、テレヘルスが医師の残業を増やす可能性を示唆する研究、「The Impact of Telemedicine on Physicians’ After-hours Electronic Health Record “Work Outside Work” During the COVID-19 Pandemic: Retrospective Cohort Study」がJMIR Medical Informaticsに掲載されたと報じた。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行期間中に、テレヘル...

 


本記事掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2022 株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

連載記事

執筆者について

関連記事