2022/07/26

米国eHealthジャーナル第69号

台湾のAESOP社、臨床文書改善(CDI)ツール「DxPrime」をリリース

医療コミュニケーション支援, Aesop Technology, 患者データ・疾病リスク分析, ジャーナル第69号, AI技術, 台湾

コーディング・処方の入力ミスを防止する医療用AIシステムを開発

台北医学大学(TMU)からスピンオフして2019年に創業したAesop社 (Aesop Technology Inc.) は、機械学習や医療ビックデータなどを利用した医療システムを開発しているが、2020年に神戸市と500 Startupsが共同実施したアクセラレーションプログラム「500 Startups Kobe Accelerator」の17社に選出されたことでも知られ、台湾で最初のヘルスケアAIユニコーンになることが期待されている一社だ。

――――――――

「DxPrime」 コーディング入力支援
Aesop社は6月1日、医療データ入力のサポートツール「DxPrime」がデジタルヘルスのマーケットプレイス「Olive ...


本記事掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2022 株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

連載記事

執筆者について

関連記事

関連記事はありません

プレスルーム