2021/10/12

米国eHealthジャーナル

ジャーナル 第51号

ジャーナル第51号

「米国eHealthジャーナル」 第51号 (2021年10月12日)

AI基盤の創薬プラットフォームを開発するExscientia社や、癌分野に特化したRWD研究を推進するOntada社など、大手製薬企業との提携ニュースが続いた。最注目のDTx領域では、ビデオゲームを通じて子供のADHD治療する製品を提携で強化するAkili社や、没入型ヘッドマウントディスプレイを介したVRコンテンツ視聴で慢性疼痛の緩和を図るAppliedVR社のバーチャル臨床試験計画などが明らかとなった。また、COVID-19禍の社会問題化しているメンタルヘルス問題への対処として注目されているHeadspace社やGinger社が合併し、一挙に市場を握ろうとしている。


BMS、AI創薬企業Exscientiaの医薬品候補をライセンス
重要な免疫学的キナーゼを標的化する低分子
人工知能(AI)創薬に特化する英国企業のExscientiaは8月18日、製薬大手のBristol-Myers Squibb(以下BMS)とライセンス契約を締結したと発表した。ExscientiaとBMSは、癌や免疫疾患をはじめとする複数の疾患領域を対象に、Exscientia独自のAI基盤医薬品発見プ...


Verilyが臨床試験管理技術企業のSignalPath買収
Project Baselineの機能を強化

Alphabetの子会社Verilyは8月17日、効率性と質の高い臨床研究をより簡便に実施するための、試験サイト向け臨床試験管理システム(CTMS)プラットフォームを開発する株式非公開企業のSignalPathを買収すると発表した。2015 年にAlphabetから分...


Akili、注意力訓練デジタル製品候補をライセンス
ゲーム基盤のADHD治療製品を強化

マサチューセッツ州ボストンを拠点とするデジタル・セラピューティクス(DTx)企業のAkili Interactive(以下、Akili)は8月17日、オーストラリアのデジタルヘルス企業、TALiが保有する子供の注意力障害に対処するデジタル技術につい...


Kintsugi、シードラウンドで800万ドルを調達
20秒間のフリースピーチからうつや不安症を検出

音声バイオマーカーの開発に特化するカリフォルニア州バークレー拠点のデジタルヘルス企業Kintsugiは8月26日、シードラウンドで800万ドルを調達したことを明らかにした。Acrew Capitalが主導した同資金調達ラウンドには、Darling VenturesやTechstars...


HeadspaceとGingerが合併
包括的なメンタルヘルスのためのデジタル・プラットフォームが誕生

消費者向けの瞑想/マインドフルネス・アプリを手掛けるHeadspaceとオンデマンド・メンタルヘルスケア企業のGingerは8月25日、両社が合併することで合意したと発表した。HeadspaceとGingerは、いずれも2010年に設立されたデジタルヘルス企業...


TRIPP、サイケデリック療法支援アプリのPsyAssistを買収
幻覚剤を用いた新規治療アプローチを支援

サイケデリックな映像と音楽を利用した、仮想現実(VR)技術基盤の瞑想/ウェルネスアプリを手がけるカリフォルニア州ロサンゼルス拠点のTRIPPは8月20日、メンタルヘルスケアのために幻覚剤を用いたサイケデリック療法...


AppliedVR、分散型臨床試験ソリューション企業のCurebaseと提携
仮想現実(VR)基盤のDTxの有効性を検証するバーチャル臨床試験を実施

分散型(バーチャル)臨床試験のためのソリューションを提供するCurebaseは8月26日、仮想現実(VR)技術を活用した次世代治療の開発に特化するカリフォルニア州ロサンゼルス拠点のデジタル・セラピューティクス(DTx)企業...


MerckとMcKesson子会社のOntadaが提携
新規の科学的根拠の発見、新規治療法の開発、ケアの有効性を検証

癌分野におけるデータ科学と洞察の提供に特化するOntadaは、リアルワールド・データ(RWD)の研究を促進する目的で製薬大手のMerckと戦略的提携合意に至ったことを明らかにした。医薬品卸大手、McKessonの子会社であるOntadaが8月26日...


連載:過去記事から見る「へルスケア分野とテクノロジー」
第9回. 技術動向:その他
「米国eHealthジャーナル」では、2019年8月以来、デジタルヘルスに係る最新の情報を、厳選してお届けしてまいりました。これまで、700以上の記事を提供してまいりましたが、この連載では12回にわたり、これまでの記事から見える...


歯科用AIのOverjet社、シリーズAラウンドで資金調達
歯科保険会社からの高い支持を下に全米展開へ
AI技術を活かした歯科治療ソフトウェアソリューションを開発するボストン拠点のOverjet社 (Overjet, Inc.) は8月26日、General Catalyst および Insight Partnersが主導するシリーズAラウンドで、2700万ドル (約30億円) の資金調達を実施したことを発表した。Overjet社...


海外デジタルヘルス情報のオンライン情報誌「米国eHealthジャーナル」
発行人:株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

本記事掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2021 株式会社シーエムプラス LSMIP編集部

連載記事

執筆者について

関連記事

関連記事はありません

デジタルヘルス
米国eHealthジャーナル

第73号 (2022年09月27日発行)

日本で医療用医薬品ネット販売を検討中と一部報道で囁かれているAmazonだが、米国ではプライマリケアプログラム「Amazon Care」向けの買収や提携を積極的に強化し、ポストコロナのハイブリッド型ケアの将来を模索している。また、公的保険制度のメディケアでは、保険償還の対象となった遠隔患者モニタリング(RPM)の利用拡大傾向が調査で明らかとなった。スタートアップ各社では、レイオフのニュースが相次いだ一方、第2四半期の決算発表を通じて、各社の次の展開が少しずつ見えてきた。

人気記事ランキング

1

情報技術でゲノム医療への社会実装を推進する、テンクー 【前編】

ドクター心拍

2

One CMP サイトリニューアル 1周年キャンペーン

LSMIP 編集部

3

個人の健康記録がひとつにまとまるアプリ、“MyChart” 【後編】

石川 さくら

4

Ginkgo BioworksがZymergenを買収

MSA パートナーズ

5

働くひとの健康を世界中に創る、iCARE 【後編】

ドクター心拍