Read Article

Supporting international business matching, LSMIP propritizes "Speed" and "Accuracy" in out service.
Please be noted that contents are in English/Japanese, translated on a request basis from authors/members.
国際間のビジネス・マッチングを促進するため、LSMIPでは情報発信の迅速性・正確性を重視しております。
コンテンツは各言語(英語、日本語)でお読みいただけますが、必要に応じて翻訳する場合があります。

Overview

1

米国のライフサイエンス業界におけるIP制度と運用 ―実務(1)

前回は、米国のライフサイエンス業界におけるIP制度と運用の概要を解説しました。今回からは、2回に渡って米国ライフサイエンスの実務について、新薬―特に新しい有効成分を持つ新薬―を米国で販売するケースを題材として、具体的に考慮するポイントを確認します。
前半部分の今回は訴訟の提起まで、後半は訴訟の進行や裁判を取り扱います。後半では暫定的ではありますが、COVID-19の実務への影響について、経験談や逸話も含めながら織り交ぜて説明する予定です。
  • Target market
    USA
  • Business category
    Pharmaceutical, Biopharmaceutical, Regerative medicine, Medical device, Digital health, Others
  • Business function
    Business consulting >
  • Keyword
  • Author
    "Nao Takada" of ""
  • Availability
    Membership

Detail

はじめに IP制度と運用の実務
前回は、米国のライフサイエンス業界におけるIP制度と運用の概要を解説しました。今回からは、2回に渡って米国ライフサイエンスの実務について、新薬―特に新しい有効成分を持つ新薬―を米国で販売するケースを題材として、具体的に考慮するポイントを確認します。
前半部分の今回は訴訟の提起まで、後半は訴訟の進行や裁判を取り扱います。後半では暫定的ではありますが、COVID-19の実務への影響について、経験談や逸話も含めながら織り交ぜて説明する予定です。

研究から訴訟の提起まで
新薬には、必ずしも新しい有効成分が必要なわけではありません。しかし新しい有効成分は、薬効に加え、独占期間の長さ、知財の効力の強さという点で、ビジネスの観点から魅力的です。しかしそのビジネス面の魅力をIP制度で護る必要があります。

そこで今回はIP制度の活用について、
 (1)研究開発におけるIP運用上の留意点
 (2)特許化戦略
 (3)開発
 (4)FDA承認
 (5)ジェネリックからの挑戦 
までの段階に応じた対策を解説します。
 
IP制度と運用の実務
IP制度と運用の実務について2回に分けて解説する。
研究から訴訟の提起まで (今回の主題):
(1) 研究開発におけるIP運用上の留意点
(2) 特許化戦略
(3) 開発
(4) FDA承認
(5) ジェネリックからの挑戦 
訴訟の進行や裁判 (次回の主題):
COVID-19の実務への影響も含め解説予定。

Series articles

Comments (Require approval)

What information are you looking for in articles?
Let us help you to find out the articles for your business requirements!
Like many other companies, we use cookies and other technologies, some of which are essential to make our website work. By clicking Accept or continuing to use our site, you agree to use these cookies and other technologies. To learn more, check out our privacy policy.
Accept