Read Article

Supporting international business matching, LSMIP propritizes "Speed" and "Accuracy" in out service.
Please be noted that contents are in English/Japanese, translated on a request basis from authors/members.
国際間のビジネス・マッチングを促進するため、LSMIPでは情報発信の迅速性・正確性を重視しております。
コンテンツは各言語(英語、日本語)でお読みいただけますが、必要に応じて翻訳する場合があります。

Overview

1

米国のライフサイエンス業界におけるIP制度と運用 ー概要ー

知的財産(IP)――人の知的創造によりもたらされる財産価値のある情報――は現代ビジネス、特に“知”の刷新からなるライフサイエンスの分野において、その重要性は著しく大きくなるばかりです。
  • Target market
    USA
  • Business category
  • Business function
  • Keyword
  • Author
    "Nao Takada" of ""
  • Availability
    Membership

Detail

はじめに 知財とライフサイエンス
知的財産(IP)――人の知的創造によりもたらされる財産価値のある情報――は現代ビジネス、特に“知”の刷新からなるライフサイエンスの分野において、その重要性は著しく大きくなるばかりです。そのため、ライフサイエンス分野で活躍するすべて企業にとって、IPは避けては通れない事項となっています。企業がIPを活用する上で、世界的に一定の統一性はありますが、IPの制度や運用は国ごとに異なるため、各国ごとに共通点と違いを理解し戦略を立てることが、大きなアドバンテージになります。
 

これから特集する米国については、IP制度や運用に影響を与えている要素として、米国が訴訟大国であることが挙げられます。米国はライフサイエンスIP関連に関わらず訴訟が多いことが知られていますが、裁判で出される数多くの判例により、何がIPとして認められるか、その価値はどのように保護されるのかが随時変わっていきますので、実務においても訴訟を念頭に置いて行う必要があります。
 
知的財産 (IP) とは
知的財産 Intellectual Propertyは、 Hard IPとSoft IPの大きく2つに分かれます。
Hard IP:
特許 (当連載で説明)
Soft IP:
著作権法、商標、営業秘密など
例: 薬のパッケージやマークはトレードマークとして保護されている。
   トレードマークにより、薬局で買う薬に信頼性が加わる。

注: それぞれのIPには違いはあるが、大まかな訴訟の影響における
   ダイナミズムという点では共通している。

Comments (Require approval)

What information are you looking for in articles?
Let us help you to find out the articles for your business requirements!
Like many other companies, we use cookies and other technologies, some of which are essential to make our website work. By clicking Accept or continuing to use our site, you agree to use these cookies and other technologies. To learn more, check out our privacy policy.
Accept