Read Article

Supporting international business matching, LSMIP propritizes "Speed" and "Accuracy" in out service.
Please be noted that contents are in English/Japanese, translated on a request basis from authors/members.
国際間のビジネス・マッチングを促進するため、LSMIPでは情報発信の迅速性・正確性を重視しております。
コンテンツは各言語(英語、日本語)でお読みいただけますが、必要に応じて翻訳する場合があります。

Overview

0

FDA、ドラフトガイダンスに伴うステートメントを発表

  • Target market
    USA
  • Business category
    Digital health
  • Business function
  • Keyword
  • Author
    "LSMIP Editorial Office" of "CM Plus Singapore Pte. Ltd."
  • Availability
    Membership

Detail

 FDAがデジタルヘルスに関するドラフトガイダンスの発行に伴うステートメントを発表した。このステートメントはもはや医療機器の規制を受けないとされた製品を明記しているため注目を集め、またFDAもそれを強調している。これらの機器を規制外とする根拠となる法律の改正はすでに2016年に実施されており、また「執行裁量」により事実上規制を受けないことは既に示されていたが、FDAの明確な解釈をガイダンスで示したことは一つの区切りといえるであろう。しかし今回のステートメントにはそればかりでなく、FDAのリスクマネジメントをベースとした規制の方針が改めて示された。例えば、最終的に医師の判断を要する場合には、あまり規制を受けないことも言及されている。その他にリスクによる分類が明確化されており開発者には大いに参考になると思われる。そのような意味で今回のステートメントは一読の価値があると考え、以下にその全訳を示す。
 
(本文へ続く)

本誌掲載の情報は、公開情報を基に各著者が編纂したものです。弊社は、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。また掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
Copyright © 2019 LSMIP事務局 / CM Plus Singapore Pte. Ltd.

Comments (Require approval)

What information are you looking for in articles?
Let us help you to find out the articles for your business requirements!
Like many other companies, we use cookies and other technologies, some of which are essential to make our website work. By clicking Accept or continuing to use our site, you agree to use these cookies and other technologies. To learn more, check out our privacy policy.
Accept