Read Article

Supporting international business matching, LSMIP propritizes "Speed" and "Accuracy" in out service.
Please be noted that contents are in English/Japanese, translated on a request basis from authors/members.
国際間のビジネス・マッチングを促進するため、LSMIPでは情報発信の迅速性・正確性を重視しております。
コンテンツは各言語(英語、日本語)でお読みいただけますが、必要に応じて翻訳する場合があります。

Overview

0

[米国製薬業界週報] ANDA提出可能性、参照製品の年間売上に比例

FDA医薬品評価研究センター(CDER)の研究班は10月28日、簡易新薬承認申請(ANDA)がFDAに提出される可能性を予測し得る要因について調査した結果を発表した。2011~2017年...
  • Target market
    USA
  • Business category
    Pharmaceutical
  • Business function
  • Keyword
  • Author
    "Yukako Goshima" of "MSA Partners, LLC"
  • Availability
    Membership

Detail

「米国製薬業界週報」 2020年11月6日発行 第827号 より許可転載

 

ANDA提出可能性、参照製品の年間売上に比例

CDER研究班がブランド薬400剤の後ろ向き研究を実施

 FDA医薬品評価研究センター(CDER)の研究班は10月28日、簡易新薬承認申請(ANDA)がFDAに提出される可能性を予測し得る要因について調査した結果を発表した。2011~2017年の間にANDA提出が可能だったブランド薬400剤を対象に研究班が実施した後ろ向き研究では、400剤のうち140剤が新規化学物質(NCE)製品として承認されていた。

AD
ブルームース・リサーチ新刊のご案内
・「ジョー・バイデン政権下におけるヘルスケア政策」 好評販売中
・「製薬企業戦略分析レポート」 3月末発行予定 ※只今予約受付中
詳細は下方をご覧ください。
 

ANDAの提出は、ANDAが合法的に提出できるようになってから2週間以内に、140剤のNCE製品の半分以上で行われていた。またANDA提出は、先発ブランド薬の売上が高かった場合に行われる可能性が高かった。例えば、独占権を持つブランド薬の年間売上が、承認日から最大4年間で2億5,000万ドルを超える場合、これを参照製品とするANDA提出数は、年間売上が1,000万ドル未満のブランド薬を参照とするANDA提出数よりもほぼ4倍多かった。なお、非NCE製品群でも同様の傾向が見られたが、ブランド医薬品の売上との関連性は統計的に有意ではなかった。

一方、ブランド薬がその構造、組成、または送達方法を理由に「複雑な医薬品」とみなされている場合は、該当するNCEおよび非NCE製品の両方で、
ANDA提出は行われにくい傾向が見られた。研究班はその理由として、複雑な医薬品成分または医薬品の特性評価における課題、また医薬品とデバイスの組み合わせ製品、あるいは複雑な薬剤送達技術を使用した製品の生物学的同等性評価の難しさを挙げた。

非NCE製品の場合、ANDA提出前に該当製品に関するガイダンス(PSG)が利用できるかどうかと、ANDA提出可能性との間に強い関連性が示唆された。PSGは、特定の医薬品または医薬品クラスのジェネリック薬の開発に関するFDAの見解を説明する公文書。研究班によれば、PSGが存在する非NCE製品は、PSGが非公開の場合と比較して、ANDA提出の可能性が約3.8倍高かった。

研究班は、複雑なジェネリック薬に対するものを含むPSGの適宜な作成と、複雑なジェネリック医薬品研究の優先的実施によりANDA提出が促進され、それにより、ジェネリック薬の価格競争が進み、患者がより手頃な価格で治療薬にアクセスできるようになると述べた


* 本記事に掲載の情報は、公開情報を基にMSAが編纂したものです。MSAは、当該情報に基づいて起こされた行動によって生じた損害・不利益等に対してはいかなる責任も負いません。掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

*「米国製薬業界週報」は、FDA(米食品医薬品局)規制動向を初めとする行政関連ニュース、製薬企業ニュース、バイオテクニュース、最新のリサーチ情報、 インタビュー記事など、米国で事業展開を図る製薬企業等に有益な情報を、毎週日本語8ページでタイムリーにお届けします。「米国製薬業界週報」は、日本の大手製薬企業の多くの皆様よりご購読を賜っております。
 

(AD) ブルームース・リサーチ新刊のご案内
ヘルスケアなどMSAの注力分野で話題のトピックを掘り下げて分析・解説したレポートを発行しています。ブルームース・リサーチはMSAパートナーズに設けられたリサーチ部門です。名前は、群れを英知に導くという伝説を持つ青いヘラジカ(ブルームース)に由来しています。
「ジョー・バイデン政権下におけるヘルスケア政策」
  好評販売中 概要、お申し込み
  主なトピック
    ・2020年大統領選を振り返る
    ・ジョー・バイデン新大統領のヘルスケア公約
    ・トランプ政権の医薬品価格是正計画の今後は?
    ・トリプルブルー政権 vs ねじれ議会における膠着
「製薬企業戦略分析レポート」
  3月末発行予定 ※只今予約受付中 → 概要、お申し込み

  買収・提携戦略、デジタル戦略、AI 創薬などの新規創薬手法、技術投資など、グローバル製薬大手12 社の過去5 年間における動向を、MSA 独自の視点で解説。

<お問い合わせ> pharma@msapr.com  ※アットマークを半角に変えてお問い合わせください。
 

MSA Partners LLC
MSAパートナーズは、日米間のコミュニケーションを目指す日本の製薬業界を、市場調査・リサーチ・コンサルティングなど、あらゆる面からサポートします。LSMIPでは、「米国eHealthジャーナル」を共同執筆する他、「米国製薬業界週報」などの記事をご紹介しております。
ウェブサイト http://www.msapr.com/main2/
LSMIPサイト https://www.lsmip.com/companies/detail/id=269
 

以上

  • 1

Comments (Require approval)

What information are you looking for in articles?
Let us help you to find out the articles for your business requirements!
Like many other companies, we use cookies and other technologies, some of which are essential to make our website work. By clicking Accept or continuing to use our site, you agree to use these cookies and other technologies. To learn more, check out our privacy policy.
Accept