神経変性疾患

2022/07/26

米国eHealthジャーナル第69号

FDA、パーキンソン病患者の症状データ自動捕捉ソフトを承認

Rune Labsのソフトウェア・エコシステム「StrivePD」

カリフォルニア州サンフランシスコ拠点のソフトウェア企業Rune Labsは6月13日、Appleのスマート・ウォッチ「Apple Watch」経由でパーキンソン病(PD)患者の症状データを自動収集する同社のソフトウェア・エコシステム「StrivePD」が510(k)申...

MSA パートナーズ

2022/06/28

米国eHealthジャーナル第67号

Biogen、MS患者の歩行改善DTxの開発でMedRhythmsと提携

AIが提供する神経学的音楽療法基盤のDTx

米バイオテク大手のBiogenは5月5日、処方箋デジタルセラピューティクス(DTx)の開発と商業化を目的にメイン州ポートランド拠点のDTx企業、MedRhythmsと提携したと発表した。

MedRhythmsは、音楽を利用したリハビリテーション・プログラム...

MSA パートナーズ

2020/09/22

米国eHealthジャーナル 第27号

イスラエルのVoiceitt社、音声認識テクノロジーで資金調達

言語障害者の発話音声をリアルタイムに翻訳

イスラエルを拠点とし、自動音声認識技術を開発するスタートアップ Voiceitt社 (Voiceitt, Inc.) は8月4日、1,000万ドルを追加調達し、総額1,500万ドルでシリーズA投資ラウンドの終了を発...

LSMIP 編集部

2020/08/11

米国eHealthジャーナル 第24号

神経疾患のAI音声分析Novoic社、200万ポンド調達

AI音声分析でCOVID-19感染が検知できるか?

ロンドンを拠点とし、オックスフォード大学とケンブリッジ大学の研究者によって設立されたNovoic社は、咳嗽音提供への協力を呼び掛けている。 同社では、音声ベースの...

LSMIP 編集部

2020/03/10

米国eHealthジャーナル 第15号

Abbott社の脳深部刺激(DBS)システムが適応追加

パーキンソン病患者のQOL改善へ

米国イリノイ州に本拠を置くAbbott社は、1月24日、ニューロモデュレーションである脳深部刺激システム「InfinityTM DBS」の適応追加がFDAに承認されたと発表した。ニューロモデ...

LSMIP 編集部

2019/10/22

米国eHealthジャーナル 第6号

Aural Analytics、シード投資ラウンドで430万ドル調達

<神経内科的疾患を検知する音声解析プラットフォーム> アリゾナ州スコッツデール拠点のスタートアップ企業Aural Analytics(以下、Aural)は9月5日、シード投資ラウンドで430万ドルを調達したことを明らかにした。 今回のラウンドは...

LSMIP 編集部

2019/07/09

米国eHealthジャーナル試読版

Pear Therapeutics、MS患者のうつ症状を適応症とするDTxの試験開始

[米国eHealthジャーナル 試読版] 多発性硬化症患者におけるうつ症状の治療を適応とするDTx候補、Pear-006についてフィージビリティ・スタディーを開始したと発表した。

MSA パートナーズ