脳疾患

2022/02/08

米国eHealthジャーナル第59号

英国拠点のBrainomix、シリーズB投資ラウンドで1,600万ポンドを調達

完全自動化AIイメージング・ソリューションのグローバル展開を目指す

人工知能(AI)を基盤とする医療技術ソリューションを開発する英国拠点のBrainomixは12月16日、シリーズB投資ラウンドで1,600万ポンド(約2,120万ドル)を調達したことを明らかにした。同社の既存投資家であるParkwalk AdvisorsとBoehringer Ingelheim Venture Fund (B...

MSA パートナーズ

2021/09/28

米国eHealthジャーナル第50号

イスラエル拠点のスタートアップ企業BrainQが4,000万ドルを調達

BCI技術を基盤とするウェアラブル・デバイスで脳梗塞患者の障害の改善

脳梗塞患者の障害の改善を目的としたウェアラブル・デバイスを開発するイスラエル拠点のスタートアップ企業BrainQは8月16日、Hanaco Venturesが主導する投資ラウンドで4,000万ドルを調達したことを明らかにした。同ラウンドにはDexcel Pharmaや...

MSA パートナーズ

2021/09/28

米国eHealthジャーナル第50号

NeuroPace、癲癇患者向けの新規プラットフォームをリリース

発作のリアルタイム記録を行うスマートフォンアプリ「Seizure Tracker」と提携

体内の電気信号を標的として疾病の治療を目指すバイオエレクトロニクス(生体電子工学)医療に注力するカリフォルニア州マウンテンビュー拠点のNeuroPaceは8月4日、癲癇患者に対する個別化医療の実現を支援する新規プラッ...

MSA パートナーズ

2021/09/14

米国eHealthジャーナル第49号

MedRhythms、シリーズB投資ラウンドにおいて2,500万ドルを調達

AIが提供する神経学的音楽療法基盤のDTx

メイン州ポートランドを拠点とするデジタル・セラピューティクス(DTx)企業のMedRhythmsは7月28日、シリーズB投資ラウンドにおいて2,500万ドルを調達したことを明らかにした。この投資ラウンドはMorningside Ventures とAdvantage Capitalが主導し、MedRhythmsの既存...

MSA パートナーズ

2021/07/27

米国eHealthジャーナル第46号

FDA、Cognoaの「Canvas Dx」を承認

自閉症を診断する初の処方箋DTxが誕生

小児向けの行動医学デジタルプログラム開発に特化するカリフォルニア州パロアルト拠点のCognoaは6月3日、自閉症スペクトラム障害(ASD)の早期診断を助けるデジタル・セラピューティクス(DTx)の「Canvas Dx」がデノボ(de novo...

MSA パートナーズ

2021/07/13

米国eHealthジャーナル第45号

Akili Interactive、シリーズD投資ラウンドで1億1,000万ドルを調達

処方箋DTxパイプラインの拡充を目指す

小児の注意欠陥・多動性障害(ADHD)患者向けのデジタル・セラピューティクス(DTx)を手掛けるAkili Interactive(以下、Akili)は5月26日、シリーズD投資ラウンドで1億1,000万ドルを調達したと発表した。Neuberger Berman Fundsが主導したシリーズD投...

MSA パートナーズ

2021/06/22

米国eHealthジャーナル第44号

ポイント・オブ・ケア超音波の普及を支えるAIへの取り組み

操作ガイダンスやスキャン設定の自動化から自動解析まで

これまでは中央検査室で受けるイメージが強かった超音波診断であるが、ハンドヘルド型超音波スキャナーの実用化と相まって、外来診察室でプライマリケア医が初診時から用いるなど、その活用シーンを広げている。前回 ...

LSMIP 編集部

2021/04/13

米国eHealthジャーナル 第39号

脳卒中後遺症軽減デバイスBrainQ、FDAブレークスルー指定

電磁波によって中枢神経系の神経回路を修復

脳卒中後の障害を軽減するAI治療プラットフォームを開発するイスラエルのBrainQ社 (BrainQ Technologies Ltd.) は、2月11日、「BrainQ」がFDAのブレークスルーデバイスに指定されたことを発表し...

LSMIP 編集部

2020/11/10

米国eHealthジャーナル 第30号

脳卒中画像診断のRapidAI、米国メディケアの新技術加算償還の対象に

2,500万ドルの資金調達で世界展開へ

脳血管疾患を適応としたイメージングプラットフォームを開発するRapidAI社 (iSchemaView, Inc., 米国) は10月1日、メディケアの NTAP(New Technology Add-on Payment:新技術に加算償還が適用される制度)が承認さ...

LSMIP 編集部

2020/09/22

米国eHealthジャーナル 第27号

イスラエルのVoiceitt社、音声認識テクノロジーで資金調達

言語障害者の発話音声をリアルタイムに翻訳

イスラエルを拠点とし、自動音声認識技術を開発するスタートアップ Voiceitt社 (Voiceitt, Inc.) は8月4日、1,000万ドルを追加調達し、総額1,500万ドルでシリーズA投資ラウンドの終了を発...

LSMIP 編集部

2020/04/28

米国eHealthジャーナル 第17号

ワイヤレス型脳波検査装置のZeto社、資金調達を実施

脳波検査装置の簡便化により実用拡大に期待

ワイヤレス型脳波検査装置「zEEG」を開発した、カリフォルニア州サンタクララのスタートアップZeto社(Zeto Inc.)は、3月10日、シリーズA投資ラウンドで7300万ドルの資金調達...

LSMIP 編集部

2020/03/10

米国eHealthジャーナル 第15号

Abbott社の脳深部刺激(DBS)システムが適応追加

パーキンソン病患者のQOL改善へ

米国イリノイ州に本拠を置くAbbott社は、1月24日、ニューロモデュレーションである脳深部刺激システム「InfinityTM DBS」の適応追加がFDAに承認されたと発表した。ニューロモデ...

LSMIP 編集部